四季彩通信社

Just another WordPress site

*

今から始める白黒フィルム現像 現像液の廃液処理はどうすれば良い?

      2017/01/19

白黒フィルムを自分で現像する場合、当然使用済みの現像液、停止液、定着液といった処理薬液の「廃液」が発生します。これらは化学薬品であり、銀を含んでいます。どう考えても下水に流してはいけないものだということは誰でもわかることでしょう。ではこのやっかいものの「廃液」はどのように処理すればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

白黒フィルム現像 現像液の廃液を下水に流すのは違法?

フィルム・写真現像液・停止液・定着液の廃液は立派な産業廃棄物です。

産業廃棄物の種類

  • 燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくずおよび陶磁器くず、鉱さい 、がれき類 、ばいじん、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、動物系固形不要物、動物のふん尿、動物の死体 などが産業廃棄物に指定されています。

フィルム・写真現像液・停止液・定着液の廃液は何に該当するの?

aa-16

  • フィルム・写真現像液・停止液・定着液の廃液は「廃酸」「廃アルカリ」に該当します。
  • 現像液の廃液⇒「廃アルカリ」に該当。
  • 停止液の廃液⇒「廃酸」に該当。
  • 定着液の廃液⇒「廃酸」に該当。

フィルム・写真処理薬品の廃液の中には、「汚泥」に該当するものもある。

  • フィルム・写真処理薬品の廃液の中には、「廃酸」「廃アルカリ」だけでなく、「汚泥」に該当するものもあります。
  • 水洗促進剤の廃液⇒「汚泥」に該当。
  • 水洗促進剤(すいせんそくしんざい)は、フィルムの定着処理の次に予備水洗を約30秒行い、その次に使用します。
    フィルムの定着処理の次に行う処理工程は「水洗処理(すいせん)」です。
    水洗処理はフィルムを流水で約30分間水洗し、定着液を洗い流す処理です。
  • この30分の水洗時間を短縮する方法があります。それに使用する処理薬品が「水洗促進剤(液)」です。
    富士フィルムの場合「クイックウォーター(QW)」という製品名で発売されています。
  • 定着処理の後にフィルムを1分間水洗促進剤に浸すと、その後の流水による水洗処理時間が5分に短縮されます。
  • バライタタイプの印画紙の印画紙現像の定着処理の後にも水洗促進剤を使うことができます。
    バライタ紙の場合は流水による予備水洗が1分、次に水洗促進剤に浸す時間は3分で、流水による水洗時間は10分でOKですが、分厚いバライタ紙の場合は水洗促進剤5分、流水による水洗時間を30分くらいに伸ばすと良い結果が得られます。
  • そしてこの時使用した「水洗促進剤」の「廃液」は産業廃棄物の「汚泥」に該当します。
    「廃酸」「廃アルカリ」の産廃容器に混ぜてはいけません。

結論:フィルム・印画紙現像など写真現像処理で発生する「廃液」は、法律で定められている「産業廃棄物」に該当しますから、そのまま下水に流すと「下水道法」「水質汚濁防止法」に違反する行為となります。

今から始める白黒フィルム現像 廃液処理用のポリタンクを用意しよう。

ポリタンクは20リットルを3個用意

ポリタンクは灯油用や水用でOK!

ポリタンクは20リットル入るものを3個用意しましょう。
ちなみに金属製のものは錆びて穴があくと悲惨なことになるのでNGです。
そしてそれぞれのポリタンクに廃液の種類と日付が書けるラベルを貼り付けます。

ポリタンクにラベルを張って識別できるようにする。

  • 1つ目のポリタンクのラベルには⇒「廃アルカリ」※現像液の廃液用
  • 2つ目のポリタンクのラベルには⇒「廃酸」※停止液・定着液の廃液用
  • 3つ目のポリタンクのラベルには⇒「汚泥」※水洗促進剤の廃液用
  • そして、それぞれのポリタンクに日付を記入できるラベルを張ります。
  • 廃液を入れる際に間違えないように「廃アルカリ(現像)」、「廃酸(停止・定着)、「汚泥(水洗促進剤)」としておくと良いでしょう。
  • 3つのポリタンクを更に識別しやすくするために赤・青・白などという風に色を変えておくのも良いと思います。
スポンサードリンク

写真廃液の回収・処理をしてくれる業者さん

指定場所にポリタンクを設置してくれる業者さんもあるようです。

関東化学株式会社

  • 関東化学株式会社 電話 042-557-5408
  • 個人でも相談に乗ってくれるそうです。

  • タンクがいっぱいになった時点で電話すると回収に来てくれるそうです。
  • ホームページ=関東化学株式会社(新しいウィンドウで開きます。) 
  • ホームページの問い合わせボタンからも問い合わせができます。

相田化学工業株式会社

  • 量にかかわらず対応してくれるようです。
  • ホームページ=相田化学工業株式会社(新しいウィンドウで開きます。) 
  • トップページから「産業廃棄物処理」ページをクリック、「廃液(ポリタンクの写真の下)」をクリック、「問い合わせ」ボタンから問い合わせができます。

松田産業株式会社

  • 個人契約可能かは不明。
  • ホームページ=松田産業株式会社(新しいウィンドウで開きます。)
  • 私が以前働いていた写真館+DPEショップにはこの業者さんが来てくれてました。

株式会社五光商事

白黒フィルム現像 水滴斑防止剤など他の処理液の廃液処理はどうすればいいの?

フィルム現像で発生する廃液の場合

「廃アルカリ」のポリタンクには?

  • 白黒フィルム現像液の廃液

「廃酸」のポリタンクには?

  • 白黒フィルム停止液の廃液(富士酢酸など)
  • 白黒フィルム定着液の廃液(富士スーパーフジフィックスなど)
  • 水画像安定剤の廃液(富士Agガードなど)
  • 水滴斑・乾燥斑防止剤/水切り剤の廃液(富士ドライウェルなど)

「汚泥」のポリタンクには?

  • 水洗促進剤の廃液(富士QWなど)

印画紙現像で発生する廃液の場合

「廃アルカリ」のポリタンクには?

  • 白黒印画紙現像液の廃液

「廃酸」のポリタンクには?

  • 白黒印画紙停止液の廃液(富士酢酸など)
  • 白黒印画紙定着液の廃液(富士スーパーフジフィックスなど)
  • 画像安定剤の廃液 (富士Agガードなど)
  • 水滴斑・乾燥斑防止剤/水切り剤の廃液(富士ドライウェルなど)
  • セピア・ブルーなど印画紙調色剤

「汚泥」のポリタンクには?

  • 水洗促進剤の廃液(富士QWなど)

まとめ

  • 写真現像処理で発生する「廃液」は、「廃酸」「廃アルカリ」「汚泥」などの産業廃棄物です。
  • 「廃酸」「廃アルカリ」「汚泥」の三種類、20リットルのポリタンクに集める。
  • 容器が満タンになったら写真廃液を回収処理してくれる産業廃棄物処理業者に処理を依頼する(有料)。
  • 写真現像処理で発生する「廃液」は、法律で定められている「産業廃棄物」に該当、そのまま下水に流すと「下水道法」「水質汚濁防止法」に違反する行為となります。
  • 廃液は産業廃棄物処理業者へ持ち込んでの処理依頼を受け付けてくれる業者さんもありますが、容器の内容物が「廃酸」「廃アルカリ」「汚泥」に合致するかの判別が必要であるため、必ず業者さんに事前連絡し、持ち込み受け付け可能か確認をとることが絶対条件です。
スポンサードリンク

 - 趣味

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

PLフィルターって何?偏光って?その疑問にプロがお答えします!

PLフィルターって何?偏光って?その使い方は知っていてもなぜその効果が得られるの …

キャンプ ご飯の炊き方 飯盒がないと無理?なんと「竹筒」でOK!

キャンプでのご飯の炊き方、普通は兵式飯盒や丸型飯盒を使った「飯盒炊爨」ですが、せ …

キャンプで炊飯 定番は飯盒 美味しいご飯の炊き方は?裏技はある?

キャンプでご飯を炊く!まず思い浮かべるのは「飯盒(はんごう)」ですね! しかし、 …

雪道走行 冬用タイヤ スタッドレスタイヤの空気圧の適正値は?

雪道走行での冬用タイヤ、スタッドレスタイヤの空気圧の適正値は?上げた方が良いのか …

PLフィルターの原理、なぜ反射が消えるの?正しい使い方は?

PLフィルター(偏光フィルター)の原理はどうなってるの?なぜガラス面や水面の反射 …

PLフィルターって何?偏光フィルターの効果と購入時のポイント!

「PLフィルター(偏光フィルター)」ってなに?どんなフィルター?どういう時に使う …